その他

レコルトカプセルカッターボンヌの口コミ!デメリットは?

 

みんなぁ、毎日、毎日の飯の支度がしんどいと思わへんか?

 

献立考えるのも苦痛やし、買い物に行くのも大変やし、作ってる時間ももったいない!

 

10分でも時短したほうがええやろ・・・って思う人も、けっこう多いはずやで。

 

そんなとき、混ぜる、刻む、練る、潰す、砕く、おろす、泡立てるという7つの機能がついたカプセルカッター「ボンヌ」、めっちゃ魅力的やないか!?

 

とにかく、カプセルカッターボンヌは魅力的な使い方がいっぱいあるんや。

 

今回はこの魅力たっぷりのカプセルカッターボンヌのご紹介をしていくで!

 

 

レコルトカプセルカッターボンヌの口コミまとめ

 

レコルトカプセルカッターボンヌの良い口コミ

  • サイズが大きすぎず、女性でもストレスなく使える。
  • 音はそれなりにするが、以前の製品よりは静か。
  • 様々な料理に使えるため、料理の幅が広がる。
  • 操作が簡単で洗い物が楽。
  • 静かで、切れ味が良く、力持ちで野菜のみじん切りが一瞬でできる。
  • コンパクトで、場所を取らない。

 

レコルトカプセルカッターボンヌの悪い口コミ

  • ジュースをサラサラにするのに少し時間がかかる。
  • コードが少し短いため、使用中に邪魔になることがある。
  • 蓋がないため、欲を言えばあればさらに良かったと思う。
  •  連続で回すと、逆流した食材が洗えない部分に付着する点がある。

 

 

レコルトカプセルカッターボンヌのデメリット

 

ゴンゾウ
めっさ便利なボンヌやけど、当然デメリットもあるでぇ~(完璧なものなんてなかなかないでぇ~)

 

デメリット①

 

やけど注意や。

 

アツアツの食べ物はNGやから、40度以下に冷ます必要があるねん。

 

でも、アツアツの料理を作りたい人は、耐熱性のあるフードプロセッサーがええで。

 

例えば、ティファール フードプロセッサーMB601GJPは、1台で7つもの機能を持ち、耐熱性が85度まであるから使い勝手がええよ。

 

次に、

デメリット②

 

コードが短いねん。

 

コンセントまで届かない場合もあるかもしれへんから、延長コードを前提に考えておくとええで。

 

そして、

デメリット③

 

一度に作れる量が少ないねん。

 

最大容量が500mlまでやから、大量に作りたい人には不向きやねん。

 

デメリット④

 

使用時間にも制限があるねん。

 

モーターやブレードが過熱すると故障の原因になるから、ブレードは1分、おろしプレートは2分、泡立てプレートも2分以内で使うことや。

 

しかも、これらの時間を超えた使用もできへんねん。

 

そんな時は、10分以上休ませることが必要やで。

 

最後に、

デメリット⑤

 

食洗器に非対応やねん。

 

熱くて変形したり壊れたりする恐れがあるから、手洗いが必要やねん。

 

はさみや包丁と同じで、切れる危険性もあるから、細心の注意を払って洗うことが大切や。

 

 

レコルトカプセルカッターボンヌは故障しやすいのか?

 

レコルトカプセルカッターボンヌってやつは、ちょっとした使い方ミスで壊れたりするって評判もあるみたいやけど、ちゃんと正しい使い方をしてればよく故障することはほとんどないで。

 

もしくは、最初から壊れてしまった場合でも、メーカーさんが対応してくれることもあるねん。

 

そこは気にせんでも大丈夫やん。

 

説明書に書いてあるけど、1分以上の使ったら壊れやすくなるから、あんまり勧められへんで。

 

でも、ちゃんと使ってる人が多いから、すぐに壊れることはあんまりないと思うわ。

 

レコルトカプセルカッターボンヌのメリット

 

ゴンゾウ
おおきに!実際に使ってみたわしがボンヌのメリットをめっちゃ語るで!

 

メリット①

 

まずは、かなりの時短ができること。

 

ボンヌがあったら、みじん切りやかたまり肉をすぐにミンチにすることができるから、手作業や手動のちょっぱーを使うのがバカバカしく思えるようになったで。

 

見た目はかわいいけど電動アイテムのパワーを感じることができるから、調理の時短には欠かせないねん。

 

メリット②

 

また、1台7役使えることも利点やね。

 

3つのブレードとプレートがセットになってるから、刻む・混ぜる・練る・潰す・砕く・おろす・泡立てることができるねん。

 

おろし器や泡だて器などの調理器具は不要になるし、赤ちゃんの離乳食作りにも向いてるで。

 

メリット③

 

それに、レパートリーが増えることも大きいねん。

 

今までだったら手間がかかって作るのを諦めていたメニューでも、ボンヌがあれば簡単に作ることができる。

 

ボンヌは刻むだけでなく、ペースト状にすることもできるから、今まで作らなかったかぼちゃスープなども作るようになったで。(見かけによらず家庭的やろ?)

 

んでもってレコルトボンヌを買ってからは、鶏むね肉や安いこま切れ肉を買うようになったわ。

 

鶏むね肉は、いろんな工夫をしても硬くなりがちで、高い鶏もも肉しか買わなかったけど、レコルトボンヌでミンチにすると、めっちゃ料理しやすくなったんや。

 

豆腐と合わせてふんわりチキンナゲットにして、めっちゃおいしく食べられるようになったで。

 

誰かに頼むんってこった 野菜のみじん切りや肉のミンチ、離乳食のペーストなんかは、手間も時間もかかるから、誰かに頼んでみることができへん。

 

最終的に自分でやっちゃうこともあるやろ?

 

レコルトボンヌやったら、頼みたいのに頼めへん…そんなことも解消できるんやで!

 

ざくざく大きめに切って、フタについてるボタンをぽんぽん押すだけで、数秒でみじん切りやミンチが完成しとるで。

 

 

レコルトカプセルカッターボンヌの特徴

 

ゴンゾウ
ほんまに、ボンヌってすごいやで~! 簡単で美味しい料理ができちゃうんやから!

 

そして、子育てで忙しいママさんにはとくに重宝する時間短縮機能もバッチリやし、オシャレなキッチンに置いても雰囲気を壊さへん、デザイン性の高さも素敵やし。

 

それに、このボンヌ、何ができるかというと、刻んだり練ったり潰したり混ぜたり砕いたりおろしたり泡立てたり、この7つの機能が全てセットになってるんやで!

 

もちろん、従来のフードプロセッサーとしての性能もバッチリやし、さらに大根おろしやホイップクリーム、メレンゲとかも手軽に作れちゃう。

 

しかも、ボンヌを使うとキッチンも汚れへんから、野菜のうらごしとかもカンタンなんやで。

 

忙しい時にまとめて作って冷凍しておいたら、ポタージュとか赤ちゃんのご飯を作る時にも便利ちゃんや。

 

忙しいママさんには時間がとっても貴重やから、離乳食も早く作れるんやから、ボンヌは必需品である事は間違いないで~!

 

コーヒー豆は挽ける?使える食材は?

 

ゴンゾウ
レコルトカプセルカッターボンヌ、使えへん食材もあるんやで。

 

コーヒー豆やカツオブシ、カンピョウ、カンブリ、穀物にはダメ。

 

柑橘類の皮もええ加減なら使えへんのや。

 

粘りのある芋類もダメや。

 

水分の少ない芋やカボチャは水を加えてからなら使えるで。

 

熱いもんや40度より上のものもダメや。

 

パン生地とかにも使えへんから気をつけなあかんで。

 

うちのカプセルカッター、コーヒー豆に使ったらもっと便利になるやろうけど、使えへんねんで。

 

大きさにムラができてしまうという問題があるから、コーヒー豆の場合は専用のミルを使うんやで。

 

 

レコルトカプセルカッターボンヌの洗い方は?

 

レコルトカプセルカッターボンヌって、なんかご存知?本体以外はなんでも水で洗えるんですって。

 

ええ、一個ずつパーツばらばらにして、せっかくなんでキッチン洗剤でピカピカにして水気をしっかりとるんやで。

 

ただし、ブレードは要注意や。

 

鋭いから、洗うときは気をつけてね。

 

また、錆びないように乾かしとくとええで。

 

ボンヌの本体は、水で洗ったらダメやから、ふわっと乾いた布で拭いてや。

 

あ、ちなみにやけど注意やで。

 

さらに、食洗機や乾燥機にいれちゃダメやから、気をつけてや。

 

でも、サイズも大きくないし、パーツもそんなに多くないから、毎日使っても手間ないと思うわ。

 

毎回水気をよくとって、乾燥してくれや。

 

スポンサードリンク

-その他