SF ミステリー 日本映画

パラレルワールドラブストーリーの老人に意味はあるのか?

2021年7月20日

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」は「複数回見て伏線を回収する」という楽しみ方ができる作品です。

 

観る側としては、すべてのシーンに意味があるはずだ、、!という視点で観てしまいますよね。

 

さまざまな伏線の中で「これはもしかして、、」と観る側を期待させてくれるものの一つに「崇史がトンネルで足の悪い老人とすれ違うシーン」があります。しかも2回も遭遇します。

 

結論からお伝えしますと、結局この足の悪い老人は「伏線でもなんでもなかった」ということです(笑)

 

パラレルワールドというタイトルだけに、観る側としては「あれは別の世界の智彦なのでは、、?」とか「なにか深い意味があるのでは?」と思ってしまいますよね。

 

しかし、映画はエンターテイメントです。作り手もあの手この手で視聴者を揺さぶりにかかってきます。

 

トンネルの中の老人はまさに、その一つなのでしょう。わざわざ足の悪い人を登場させるあたりが、、、、思わせぶりな演出ですね笑

 

本記事の内容

  • 2回登場する「足を引き摺った老人」
  • 謎の老人に対するみんなの声
  • パラレルワールドラブストーリーのシークレットサイトとは?

2度に渡って遭遇する足を引き摺った老人

 

トンネルの中で足を引き摺った杖の老人シーンは本編で2回登場します。もちろんこのシーン自体が全くの無意味なもの、というわけではなさそうですが、最後の最後で「伏線回収」を期待してしまいました(笑)

 

1回目|本編 14:30

1回目のシーンは14分30秒あたりです。崇史は考え事をしているようで、トンネル内でこの杖の老人とぶつかります。

 

ほぼ完全に智彦の記憶を失っていた崇史が、このシーンのあとに彼のことを思い出し、麻由子に「智彦ってなにしてんだっけ?」問いかけます。

 

2回目|本編 58:40

目黒のレストランで3人で撮ったポラロイド写真を発見し、真実に気付き始めた崇史は麻由子を問い詰めます。

 

何も信じられなくなったショックで家を飛び出した崇史は、朦朧とする意識の中でふらふらとトンネルを歩きます。

途中で歩けなくなりトンネルの壁に手をついて苦しそうにしている崇史に、杖の老人が「大丈夫ですか?」と声をかけます。

 

崇史は突然声を荒げ「やめろー!」と老人を振り払います。

 

結論としては、このシーンは後々に回収されるような特別な伏線ではなかったようです。

 

ちなみに本作品には同名の原作小説がありますが、老人は一切でてきません。(ただ、映画にはないシーンや描写が数多くあるので、けっこう楽しめます(*^^*))


 

※原作との違いについてはこちらの記事で解説しています⇒パラレルワールドラブストーリーの原作と映画版の違い|細かく解説

 

「パラレルワールド・ラブストーリー」に登場する足の悪い老人についてのみんなの反応

 

やはり、みんな「トンネルですれ違う老人」が気になっていたみたいですね。

 

 

以上、映画「パラレルワールドラブストーリー」に登場する”足の悪い老人”についてお伝えしました。

 

え、、?そんなシーンあったっけ、、?なんか、もう一回見てみたいなぁ・・・
というあなた・・・!

 

ここで映画「パラレルワールドラブストーリー」を、今すぐ実質無料で観られる方法をご紹介します。

 

 

おすすめ動画配信サービス【実質無料】

 

下記の「動画配信サービス」なら、

映画「パラレルワールドラブストーリー」を実質無料でみることができます!

 

Huluでいますぐ無料視聴できる!

ポイント

  1. 2周間無料お試し可能
  2. 60,000本以上の作品が見放題
  3. Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信

 

2週間無料でいますぐhuluを体験する

 

人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題

2週間無料でhuluを体験する

※クリックしますと「huluの公式ホームページ」に移動します。

※無料体験がいつまでかはわからないのでお早めに・・・

※無料お試し期間中に解約しても料金は一切かかりません

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はhulu公式サイトにてご確認ください。

 

今は見れなくなっているシークレットサイト

 

実はパラレルワールド・ラブストーリーにはオフィシャルHPの他に「シークレットサイト」があります。まだページ自体はあります。こちらです。

 

ページを開いてみると、

映画を鑑賞した方のみが分かる【パスワード】を入力すると、謎解き解説ページが開きます。

解説を読んだ後、もう一度鑑賞いただくと、違った視点で映画の世界を楽しめます。

と書いてあり、その下に4桁の数字を入力すれば入室できるような感じになっているのですが、残念ながら今はパスワードを打ち込んでも中に入ることができません。

 

そうなると余計に内容が気になるので、ぜひ復活して欲しいなと思います(w)

 

ちなみに、このページを見た人によると、やはり老人は伏線ではなかったと書いてあったそうです。

 

まとめ

 

本記事では映画「パラレルワールドラブストーリー」に登場する謎の足を引き摺った老人についてお伝えしました。

 

謎解き系の映画は、ただ漫然と観るだけでなく、色々自分の頭で推理したりしながら楽しめるので、個人的に大好きです。

 

そして、この老人のように伏線に見せかけて全くそうじゃない、という肩透かし系も演出も、たまにはいいのでは?とわたしは思っています。

 

ケンタ
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

▽パラレルワールドラブストーリー関連の記事はこちら

あわせて読みたい

スポンサードリンク

-SF, ミステリー, 日本映画
-