雑学・豆知識

ノンアルコールビールの飲み過ぎは太るかどうかは自分次第!

2023年1月2日

 

この記事では、ノンアルコールビールの摂取によって太ってしまうのかについてお伝えします。

 

ノンアルコールビールは体重増加につながるのか、また通常のビールと比較した場合どうなのかもあわせてご紹介します。

 

ノンアルコールビールとは

 

ノンアルコールビールとは、アルコールを除去、もしくは1%未満に低減したビールのことです。

 

このタイプのビールは、従来のフルボディのビールに代わる健康的なものを求める人々によって人気が高まっています。

 

さて、本題になりますが、はたしてノンアルコールビールは太るのでしょうか?

 

ノンアルコールビールにもカロリーと炭水化物は含まれているので、飲み過ぎると太る可能性があることに注意が必要です。

 

12オンスの缶ビール1本には、通常、30~50キロカロリー、1グラムのタンパク質、2~6グラムの炭水化物が含まれています。

 

これだけだと大したことはないように思えますが、定期的に何本も飲んでいると、カロリーはどんどん増えていきます。

 

また、多くのノンアルコールビールには糖分やその他の成分が含まれており、食事に余分なカロリーや炭水化物を摂取する可能性があることも知っておく必要があります。

 

ノンアルコールビールは必ずしも太るものではありませんが、健康のために適度な量を摂取する必要があります。

 

代謝への影響はどうでしょうか?

 

アルコール飲料を摂取すると、体内の食物の代謝速度が上がり、消化がよくなり、体内に脂肪として蓄積されるカロリーが少なくなることが研究で示されています。

 

一方、ノンアルコールビールを飲むと、このような代謝への影響はなく、むしろ炭水化物を多く含むため、体内の消化プロセスを遅くすることが研究により明らかにされています。

 

結論として、ノンアルコールビールを飲むことは、従来のフルボトルと比較していくつかの利点(例えば、低カロリー摂取)がありますが、これらの飲料は依然としてカロリーと炭水化物を含んでおり、長期間にわたって過剰に摂取すると体重増加につながる可能性があることを覚えておくことが重要です。

 

さらに、これらの飲料は、アルコール飲料と比較して、代謝や消化に有益な効果をもたらさないことが研究で示唆されています。

 

つまり、そのような効果を求めている人は、他を探す必要があります。

 

消費に関連する潜在的な健康上の利益/リスク

 

ノンアルコールビールは、アルコール分を含まずにビールの味を楽しむ方法として、近年人気を集めています。

 

アルコール度数の高いビールよりもヘルシーな印象がありますが、その飲用には潜在的な健康リスクとメリットがあり、飲む前に検討する必要があります。

 

ノンアルコールビールの利点の1つは、運動後や暑い日中に水分補給ができることです。

 

ノンアルコールビールには、水、電解質、炭水化物が含まれているため、運動後に失われた水分とエネルギーレベルを補給するのに役立ちます。

 

さらに、ビールの原料であるホップには抗炎症作用があり、激しい運動による疲労を軽減する可能性があるとする研究もあります。

 

しかし、ノンアルコールビールを飲み過ぎると、体重の増加や肥満の原因になることがあります。

 

ノンアルコールビールは、12オンス(約300ml)あたり約100キロカロリーで、アルコールを含んでいないため、適量であれば通常のアルコール飲料のように代謝を促進させることはないでしょう。

 

運動やその他の活動で摂取したエネルギーを消費することなく、定期的に飲んでいると、時間とともにこれらの余分なカロリーが蓄積されます。

 

ノンアルコールビールは太るのか」という問いに対する答えは、飲む量と、1週間を通して活動的に過ごすために他に何をしているかによります。

 

ノンアルコールビールの摂取量を制限したり、炭酸水やコンブチャなど低カロリーのものに置き換えたりすれば、飲み過ぎによる体重増加を心配することなく、おいしく飲めるはずです。

 

しかし、毎日何本もの缶やペットボトルを飲むようになると、定期的に体を動かす習慣をつけない限り、過剰なカロリーによって体重が増加する可能性が高くなります。

 

ノンアルコールビールとアルコール飲料の栄養成分比較

 

ビールを飲むとき、ウエストを細くするためにノンアルコールを選ぶ人は多いでしょう。

 

しかし、ノンアルコールビールは太るのでしょうか?その答えは意外と単純ではありません。

 

確かにアルコール度数の高いビールは、ノンアルコールのものよりカロリーが高い傾向にありますが、その差はそれほど大きくありません。

 

平均して、通常のビール1本(12オンス)のカロリーは約150kcalですが、同量のノンアルコールビールは約50kcalにすぎません。

 

つまり、カロリーの摂取を控えたい人は、ビールを普通のものからノンアルコールに変えてもよいのですが、劇的な差はないでしょう。

 

また、ビールの種類によって、栄養価やカロリーに違いがあります。

 

例えば、ほとんどのライトビールは、アルコール度数の有無にかかわらず、通常のビールよりも炭水化物や糖分が少ないため、カロリーが低くなっています。さらにカロリーを抑えたい場合は、1杯あたり25~30キロカロリーという超低カロリーの銘柄もあります。

 

ノンアルコールビールは、糖分や炭水化物が少ないだけでなく、タンパク質や食物繊維がアルコール飲料よりも豊富なので、体重を気にする人や食事で健康的な栄養素を摂取したい人には適しています。

 

ノンアルコールビールは、従来のビールよりもナトリウムの含有量が少ないため、塩分の過剰摂取による腹部膨満感や水分貯留を抑えることができます。

 

結局のところ、どちらのタイプのビールを飲んでも太るかどうかは、飲む量と食事に含まれる他の栄養素に左右されます。どんな種類のアルコールでも、たとえアルコールが入っていないものでも、適量が大切です。

 

アルコールに敏感な人、肥満のリスクが高い人にもたらすリスク

 

アルコールの摂取は、肥満をはじめ、さまざまな健康問題に関連しています。

 

しかし、ノンアルコールビールについてはどうでしょうか?

 

ノンアルコールビールも、アルコール飲料と同じように太る危険性があるのでしょうか?

 

この疑問に答えるには、アルコールが身体に及ぼす影響と、アルコールに弱い人や肥満のリスクが高い人がビールを飲むときに特に注意しなければならない理由を理解することが重要です。

 

アルコールは利尿作用があり、尿量を増やして脱水症状や電解質の不均衡を引き起こします。

 

また、体内の水分バランスを保つバソプレシンというホルモンを抑制する作用もあります。

 

このため、のどの渇きを感じたり、食欲が増したりして、食べ過ぎの誘因となる可能性があります。

 

さらに、アルコールは脂肪の酸化(エネルギーとして脂肪を分解すること)を抑え、エンプティカロリーを含むため、栄養面での利点はなく通常の摂取カロリーを相殺することになります。

 

これらの要因が組み合わさって、長期にわたってアルコールを大量に摂取する人の体重を増加させる可能性があります。

 

ノンアルコールビールには、アルコール飲料のようなエタノールは含まれていませんが、マルトースやスクロース(単糖)などの炭水化物によるカロリーは含まれています。

 

ブランドによっては、砂糖や人工甘味料が含まれている場合もあり、カロリーがさらに高くなるため、体重管理やカロリー摂取の制限をしようとしている人にとっては危険な場合があります。

 

さらに、ノンアルコールビールはまだ「ビール」の味がするため、飲酒問題や依存症歴のある人が飲酒を完全に控えるのではなく、実際のアルコール飲料に向かうきっかけとなる食品として作用する可能性があります。

 

結論として、ノンアルコールビールにはエタノールが含まれていませんが、他の飲料(水など)に比べてカロリーが高く、不健康な食習慣を引き起こす可能性があるため、肥満のリスクが高い人やアルコール過敏症の人は節度を持って摂取することが必要です。

 

いずれにせよどんな食品でも(たとえそれが”健康に良い”とされるものでも)過剰摂取は禁物です。

 

自分自身の体と向き合い、体の声に耳をすまし、この世にたった1つしかない自分の体をいたわりつつノンアルコールビールをはじめとする嗜好品を楽しんでいければ最高ですね。

スポンサードリンク

-雑学・豆知識