その他

070の携帯電話番号は怪しい?出ない方が良いのか?

2022年9月2日

 

突然「070」から始まる番号から電話がかかってくるとちょっとびっくりしますよね?

 

本記事では「070」という番号からかかっきた場合の対処法などをご紹介します!

 

070から始まる番号は何?普通の携帯番号?

 

携帯電話の番号と言えば普通「080」や「090」から始まるイメージがあります。

 

そして、迷惑電話、勧誘電話で多いのがIP電話で使われている「050」から始まる番号です。

 

では「070」から始まる電話番号は何なのかと言うと、、、

 

結論から言えば、「070」から始まる番号=100%勧誘か詐欺、とは言い切れません。

 

070から始まる電話番号は、もともとはPHSで使われていた番号であり、2013年以降からは利用者の増加に伴い、普通の携帯電話の番号としても利用されるようになりました。

 

※参考 070が携帯でも使われるようになった当時のニュース→「070」の携帯電話が11月開始、今後PHSとのMNPも(ケータイWatch)

 

とはいえ、身の回りの知人で070の番号を使っている人はほとんどいない場合が多いため、いきなり「070」という番号を目にすると「怪しい。。」と思ってしまいますよね^^;

 

見知らぬ番号から着信があった場合の対処法

 

基本的に、見知らぬ番号からの着信が、知人からの電話や何か重要な要件である場合、仮に電話に出なかったとしても、留守番電話などに必ずメッセージを残すはずです。

 

そうでない場合は、ほとんどが勧誘(迷惑電話)と考えて差し支えないと思います。

 

それでも、なんだか気になる場合は、一番お手軽でお勧めなのが「着信番号をネットでそのまま検索する」です。

 

ここ最近では基本、ほとんどこれで解決します。

 

検索結果に「〇〇という番号は▲▲からの電話」という情報がすぐに表示されるはずです。

 

勧誘というものは、1度にとんでもない件数かけるのが普通なので、それを受けた人の中から必ずと言って良いほど、ネット上に情報をあげてくれる人が出てきます。

 

なんとも、便利な世の中ですね(^^)

 

検索しても情報が出てこなかったら。。

 

ネットで検索しても一切情報が出てこなかった場合は、一旦そのまま放っておき、またかかってきた場合に出てみることです。

 

そこで、仮に勧誘等の迷惑電話だった時には、「あ、ごめんなさい。今火を使ってるので!」と言って即切ってしまいましょう。

 

そして、その番号を着信拒否にして一件落着というわけです。

 

迷惑電話対策でこんなグッズもある

 

勧誘などの迷惑電話がかかってきた場合に、ついつい話が長くなってしまう、という方のためにこんな便利グッズがあります。

 

 

仕組みは簡単。このボタンを押すことによってインターホンの「ピンポン」と同じような音がでます。

 

勧誘の電話をさっさと切り上げたい場合は、このグッズで音を鳴らし「あ、ごめんなさい、お客さんが来たみたい」と伝えればスムーズに電話を切ることができますよね。

 

世界的にも問題になっている迷惑電話

 

迷惑電話は、スパムの呼び出しとしても知られ、サービスや製品を販売しようとする個人や企業に行われた迷惑な通信です。

 

コールのこれらのタイプは、しばしばテレマーケティング、政治団体、およびこれらの不要な接触の試行を行うことによって、新規顧客を獲得しようとしている他の企業から来ます。

 

彼らは受信者の同意なしに自動ダイヤラまたは事前に録音されたメッセージを使用する場合、いくつかのケースでは、これらの迷惑電話は違法となる可能性があります。

 

迷惑電話の最も一般的なタイプは、テレマーケティングの呼び出しです。

 

テレマーケティングは、通常、彼らはランダムに売り込みを行うためにダイヤルする番号のリストを持っています。

 

彼らは何かを買うに潜在的な顧客を誘惑するために、特定の製品やサービスの割引を提供しようとすることがあります。

 

しかし、これらの呼び出しは、彼らも提供されているものに興味を持っていない可能性があり、彼らのプライバシーが個人的にそれらを知らない誰かによって侵略されているように感じるので、それらを受信する人のために非常に迷惑で押し付けがましいことができます。

 

もう1つのタイプの迷惑電話は、投票に登録させようとしたり、大義のために寄付を募ったりする政治団体から来るものです。

 

しかし、再び、このタイプの電話は、彼らがその時点で何の政治的関与を望んでいないかもしれないときに、それが人々を中断するので、非常に押し付けがましいことができます。

 

迷惑電話は、健康問題の偽の治療法や、存在しないリターンが保証された投資機会などの偽のサービスを提供して、疑うことを知らない犠牲者からお金をだまし取ろうとする詐欺師から来ることもあります。

 

このような詐欺電話は絶対に避け、かかってきたらすぐに通報し、被害者が増える前に当局が犯人に対処できるようにしましょう。

 

最後に、自動発信機や録音されたメッセージを使って、受信者の事前の同意を得ずに商品やサービスを売り込もうとする詐欺業者がいますが、これは米国を含む世界中の多くの地域で違法とされており、電話消費者保護法(TCPA)違反とされています。

 

もし、このような迷惑電話を受けた場合は、すぐに通報し、通報者に対して適切な法的措置を取るようにしてください。

 

プロバイダーによる迷惑電話対策

 

迷惑電話は、本当に厄介なものです。

 

また、誰からかかってきたかわからなければ、ストレスや心配の種にもなりかねません。

 

幸いなことに、この種の電話から身を守り、生活の中での発生を抑える方法があります。

 

まず、迷惑電話とはどのようなものかを理解することが大切です。

 

迷惑電話は、電話を介して任意の不要な接触を含む - これは、誰かがあなたから個人情報やお金を取得しようとしているテレマーケティング、詐欺の呼び出しかもしれない、いたずら電話、または単に一般的な嫌がらせを。

 

これらのタイプの電話は、通常、有用な情報を提供するのではなく、誰かを困らせる目的で作られています。

 

彼らはまた、迅速に人々の多数に到達することができ、自動ダイヤルシステムを使用して作られていることがよくあります。

 

迷惑電話から身を守るための最初のステップは、Do Not Call Registry(DNCR)に自分の電話番号を登録することです。

 

この登録は、連邦取引委員会(FTC)によって設定されたもので、あなたの番号が登録されている場合、企業があなたに電話をかけることを禁止します。

 

また、一部の州では、迷惑なセールスやマーケティングの電話、嫌がらせ目的の電話から消費者をさらに保護する法律が制定されています。

 

自分の住んでいる州にそのような法律があるかどうかを確認し、該当する場合は必ず遵守することが重要です。

 

ほとんどのプロバイダーがこの機能を提供しており、連絡先リストに登録されていない番号は、あなたに届く前に自動的にブロックされます(または、そのままボイスメールに送信されます)。

 

また、Nomoroboのような発信者番号通知サービスを利用することもできます。

 

これは、アルゴリズムを使って疑わしい活動を検出し、既知のロボコールを事前にブロックするものです。

 

ただし、サービスプロバイダーによっては、これらの機能を利用するために追加料金がかかる場合があります。 クレジットカード番号や社会保障番号などの個人情報は、どうしても必要な場合を除き、決して電話で伝えないでください。

 

見慣れない番号からの電話は出ない

 

私たちは、発信者番号通知で見慣れない番号から電話を受け、誰が電話しているのか、なぜ電話しているのか、疑問を抱くことがあります。

 

このような電話は、大きな不便とプライバシーの侵害になる可能性があります。

 

迷惑電話を受けたら、まず注意しなければならないのは、それが誰からの電話であるかがはっきりしない限り、決して電話に出たり応じたりしないことです。

 

電話勧誘の電話かもしれませんし、詐欺の電話かもしれませんし、番号を変更したことを忘れていた古い友人からの電話かもしれません。

 

いずれにせよ、何か行動を起こす前に、時間をかけて調査することが重要です。

 

これらの迷惑電話を調査する方法の一つは、ユーザーが提供する場所と名前の情報に基づいて未知の番号を識別するのに役立つTruecallerやNumLookupなどの逆検索サービスを使用することである。

 

これらのサービスは無料で簡単に利用できます。あなたがしなければならないのは、検索エンジンに電話番号を入力するだけで、住所、電子メールアドレスなどの他の連絡先情報と一緒にその特定の番号を所有している人についての詳細を提供します。

 

もう一つのオプションは、彼らが煩わしい迷惑電話のあまりになった場合、あなたの携帯電話で発信者をブロックすることでしょう。

 

これは、彼らが自分のデバイスの設定を介して手動でブロックを解除することを決定するまで、再び手を差し伸べることができることからそれらを防ぐことができます。

 

ほとんどの最近の携帯電話はこの機能を持っているので、ブロックがあなたの特定のモデルでどのように動作するかの詳細については、デバイスの設定を介して確認し、彼らが誤ってブロックされた場合に備えて、重要な連絡先を保存していることを確認してください!

 

このような報告は、法執行機関が迷惑電話をかけた者を追跡する際に使用するデータベースを構築し、該当する規制(例:電話消費者保護法)の下で相応の罰則を科すために使用されます。

 

また、州によっては、不適切な電話をかけてきた犯人を突き止めることができれば、金銭的な報奨を与えるところもあります(カリフォルニア州など)。

スポンサードリンク

-その他