ハロウィン 雑学・豆知識

アメリカ人のハロウィンの過ごし方はどんな感じなの??

2023年1月4日

アメリカにおけるハロウィンとは

 

ハロウィンは、世界中で祝われる最も人気のある祝日の一つです。ハロウィンは通常10月31日に行われ、仮装してお菓子を配る、カボチャを彫ってジャック・オ・ランタンを作る、仮装パーティーに参加する、不気味な飾りつけをする、など様々な活動を行い、お祝いする時期と見なされています。

 

アメリカでは、ハロウィンは多くの家庭にとって重要な文化の一部となっています。

 

アメリカのハロウィンの過ごし方は、子供たちが仮装して家々を回り、キャンディーなどのお菓子をもらうのが一般的です。

 

この伝統は何世紀も前にさかのぼり、子供たちが動物の皮で作った衣装に身を包み、近所の人にいたずらをしながら一軒一軒食べ物やお金をねだったのが始まりです。

 

この伝統は、子供たちがお菓子をもらうと同時に、普段会えない友人や家族と交流できる楽しい方法として、時代とともに徐々に発展し、現在のような形になったのです。

 

その他にも、カボチャやひょうたんのデザインを競うカボチャ彫刻コンテスト、冷たい水の中から歯を使ってリンゴを取るボビング・フォー・アップル、祭りに関連した話をするストーリーテリング・セッションなどが伝統的に行われています。

 

怖い生き物がいる暗い廊下を進んでいくお化け屋敷、寒さをしのぐための焚き火、特定のキャラクターや生き物に扮して参加する仮装パーティー、近所の人にお菓子や小さなプレゼントをもらいに一軒一軒回るトリック・オア・トリート(trick-or-treating)。

 

さらに、多くのアメリカ人は、庭に蜘蛛の巣やカボチャの彫刻、木にぶら下がったお化け、古着を着たかかし、段ボール箱で作った墓石など、不気味な飾り付けをし、通りすがりの人に恐怖を与えるために時間を費やすのです。

 

このように、ハロウィンはアメリカで最も人気のある行事の一つであり、楽しいだけでなく、毎年人々が集う伝統的な日でもあります。

 

アメリカ人にとってのハロウィンという祝日

 

ハロウィンは、アメリカでは植民地時代から祝われている古くからの祝日です。

 

仮装して楽しみ、また死者を偲ぶ時でもあります。

 

アメリカで最も古い祝日の一つであるハロウィンは、アメリカ独自の祝われ方をしているのです。

 

伝統的にアメリカ人は、仮装をしてトリック・オア・トリートでお菓子をもらってハロウィンを過ごします。

 

仮装には、吸血鬼や幽霊、魔女といった伝統的な怖い生き物から、スーパーヒーローや映画のキャラクターといった現代的なキャラクターまで、さまざまな種類があります。

 

中には、自分で手作りのコスチュームを作る人もいます。

 

トリック・オア・トリートとは、子供たちが近所の人たちからお菓子をもらうために、家の玄関先やポーチにお菓子を置いていってもらうことです。

 

この習慣は、ヨーロッパからの移民が万聖節(11月1日)に食べ物をもらうために行ったのが始まりとされています。

 

トリック・オア・トリートの他に、アメリカ人はパーティーやお祭りでハロウィーンを祝います。

 

これらの行事では、ジャック・オー・ランタンなどの不気味な飾り付けをしたり、キャンプファイヤーを囲んで怖い話をしたりすることが多いです。

 

多くの町では、地元のグループや企業が作った山車が登場するパレード、ゲームやその他のアクティビティを行うカーニバル、仮装コンテスト、悪霊やモンスターが登場するお化け屋敷など、地域全体でお祝いをすることが多いようです。

 

迷信や民間伝承がルーツではありますが、今日のアメリカのハロウィンは、先祖を敬ったり、超自然的な力を鎮めたりするのではなく、むしろ楽しむことに主眼が置かれています。

 

仮装や装飾、アクティビティを通して創造性を発揮し、人々が一堂に会して笑いの絶えない一夜を過ごし、その思い出は毎年10月31日が過ぎてもずっと続くのです。

 

トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)について

 

ハロウィンは、多くのアメリカ人にとって1年のうちで最も楽しい時期であり、特にトリック・オア・トリートを楽しみにしている人が多いようです。

 

トリック・オア・トリートとは、仮装して戸別にお菓子をもらいに行く、ハロウィーンの伝統的な楽しい行事です。

 

子供も大人も童心に返って楽しめるイベントです。

 

でも、アメリカ流のハロウィンの過ごし方って、いったいどんなものなのでしょうか?

 

伝統的には、10月31日の午後6時ごろから、子どもたちが仮装して友人や家族、付き添いの人と一緒にトリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)を始めます。

 

近所では、ジャック・オー・ランタンやクモの巣など、ハロウィーンの飾りつけをしている家もあり、ハロウィーンの雰囲気を盛り上げています。

 

子供たちは家々を回りながら、それぞれの家で「トリック・オア・トリート!」と叫び、お菓子やお金などの小さなプレゼントをもらって、次の家へと移動します。

 

トリック・オア・トリートに費やす時間は、訪問する家の数によって異なりますが、年齢層と場所によって1時間から3時間程度が一般的です。

 

その後、ポップコーンボールやアップルサイダーなどの軽食を楽しみながら、戦利品を整理して夜を過ごす家族がほとんどです。

 

トリック・オア・トリート以外にも、ハロウィーンに関連する人気のアクティビティには、誰かの家に集まってカボチャを彫るカボチャ彫刻パーティー、さまざまな仮装をして参加する仮装コンテスト、お化け屋敷、コーンメイズ、カーニバル、怖い映画を見る映画祭、お化け屋敷ツアー、ゴースト・ツアーなどがあります。

 

ゴーストツアー、スカベンジャーハント、焚き火、アップルボビング大会(水に浮かべたリンゴを口だけでつかむ)、不気味な音楽が流れるダンスパーティー、地元の墓地で魔女や魔法使い、吸血鬼などに扮したツアーガイドが怪談を語るのです。

アメリカにおけるハロウィンコスチュームの伝統と人気

 

アメリカ流のハロウィンの過ごし方は、アメリカで最もユニークで愛されている伝統の一つです。

 

毎年、何百万人もの人々が仮装をして、全国的な祝日となったこの行事を祝います。

 

ハロウィーンが近づくと、アメリカ人は家に不気味な飾り付けをしたり、カボチャを彫ってジャック・オー・ランタンにしたりといった活動に参加します。

 

ハロウィンで最も人気のある行事の一つが、仮装してお菓子を配ったり、仮装パーティーに参加することです。

 

仮装はアメリカのハロウィンの伝統に欠かせないもので、10月31日には子どもから大人まで、仮装している姿をよく見かけます。

 

お店やネット通販で既製品を購入する人もいれば、家にあるものやクラフトショップで購入したものを使って、自分たちで手作りする人もいます。

 

魔女や吸血鬼などのクラシックなものから、スーパーヒーローや映画のキャラクターなどのポップカルチャーにインスパイアされたものまで、さまざまなコスチュームがあります。

 

どのコスチュームを着るにしても、りんご釣りや友達との借り物競争といった伝統的なアクティビティと並んで、アメリカではハロウィンを祝うために欠かせないものとなっていることは明らかです。

 

多くの家族にとって、こうした古くからの習慣に参加しながら、新しい思い出を作ることが、毎年この特別な日を過ごすための伝統的な方法なのです。

 

また、ハロウィンの季節になると、個人や家族だけでなく、企業においても、テーマに沿ったオフィスパーティーや、地元の公園やコミュニティセンターでの会社主催のイベントなどで、仮装が盛んに行われるようになりました。

 

このように、ハロウィーンという祝日をより身近に感じてもらうと同時に、雇用主は従業員に対して、勤務時間外にみんなで楽しめるようなイベントを提供し、感謝の気持ちを表すことができます。

 

ハロウィンの仮装がアメリカ人の間で長年にわたって人気を博してきたのも不思議ではありません。

 

毎年秋になると、11月1日に冬が訪れる前に、お気に入りの仮装をして現実逃避をすることができるのです。

スポンサードリンク

-ハロウィン, 雑学・豆知識